aroma_01_main
02

夏が終わり秋になるにつれ、なんとなく悲しい気分になることはありませんか?

それは、日照時間が脳に影響しているかも。
季節が変わり、夏に比べ日照時間が減少することで“セロトニン”と呼ばれる脳内物質が生産されにくくなります。セロトニンには気分を明るくしたり、やる気を刺激する役割があるため、減少しやすい秋は、なんとなく悲しい気分になったり、無気力な気分になったりという症状が出てしまうことがあります。

でも、秋といえば芸術・スポーツ・食欲の秋と言われるほど、楽しみや何か新しいことに挑戦しやすい季節でもあります。今回は秋にぴったりなアロマ、“ベルガモット”をご紹介しますので、心と体のメンテナンスに役立ててみてください。

aroma_03
aroma_04
05
05

太陽のエネルギーを吸収したベルガモットの香りは、落ち込んだ時は元気に、逆に、イライラや不安がある時には、心を穏やかに落ち着かせてくれ、心のバランスをとってくれる万能な香りです。

秋から冬にかけて日照時間の減少で、なんとなく心がセンチメンタルになった時、ベルガモットの香りを試してみてはいかがでしょうか。


06
05

ベルガモットは、まだ果実が完全に熟しきっていないグリーンの状態で絞った精油で、もっと太陽の光をたくさん浴びたい、子供のようにこれからどんどん成長したい!という性質があり、目標達成のオイルとも言われています。

また、集中力や気力を高めてモチベーションを上げ、自分の感情を解放するサポートもしてくれます。

成長をしたい時ほど、人はついつい自分と他人を比べてしまうこともあるかと思います。
そんな時、ベルガモットの香りが「自分の心は何をもとめているのか?」と内側へと意識を向けさせてくれ、自分の本当の気持ちに気づかせてくれます。

この秋、何かを始めたいと思っている方、すでに明確な目標があり、それに向けて頑張っている方におすすめの香りです。。


生体リズムを整える 生体リズムを整える

果実など食べられるものから抽出された精油は消化器系の調子を整えるのに良いと言われ、ベルガモットは、昔からイタリアの民間療法でよく使われていました。

ミカン科の柑橘類である“ベルガモット”の香りは、美味しい食べ物がたくさんの食欲の秋におすすめです。

また、抗菌作用もあるので、これからの季節の変わり目、ディフューザーなどで芳香すると、喉の炎症や風邪予防対策になりますよ。。

今回は、「ベルガモット」をご紹介しました。ベルガモットは、紅茶のアールグレイの香り付けにも使われていて、馴染みのあるこの香りは男女ともにとても人気です。秋の夜長、この香りを楽しみながら読書などをしてみてはいかがでしょうか。次回は11/1公開予定です。お楽しみに。


[基本情報]
学術名:Citrus bergamia
科名:ミカン科 
抽出部位:熟れていない果皮
抽出方法:圧搾法(一部水蒸気蒸留)
主な産出国・地域:イタリア・南フランス・ギニア

[注意点・禁忌]
・光毒性があり、低濃度で使用すること。

[注意事項・免責事項]
アロマは医療ではありません。また、精油は医薬品ではありません。心身の健康に良い影響をもたらしますが、あくまでも補助的な手段だとお考えください。精油を使用の際は、取扱説明書や注意事項をよく読み、正しくお使いください。妊娠中の方をはじめ、持病がある方、高齢者の方は使用できない精油があります。また、健康状態に気になることがある方や、医療機関で治療中の方は、必ず医師や専門家に相談の上、安全にお使いください。当コラムで紹介している精油の特徴、効果、仕様、アロマの実践などによって生じたトラブルに対する責任を負いかねます。ご理解の程お願いいたします。

前回のコラム

小林由紀

YUKI KOBAYASHI
1977年新潟県生まれ・神奈川県在住。アロマセラピスト。家族や自身の病気をきっかけにアロマセラピーに興味を持ち、現在は一般社団法人エッセンスオブヒール正会員。アクセス・バーズ・プラクティショナー、TCカラーセラピスト資格取得。自由大学神社学キュレーター。登拝と自然の中で遊ぶことが好き。
hp instagram

小野寺葉月

HAZUKI ONODERA
1983年東京都生まれ・フィリピン マクタン島在住。イラストレーター/ライター/ダイビングショップ広報。中高短大と美術を学んだ後、雑貨店にて店長とバイヤーを経験。娘を出産後、幼い頃から好きな植物をイラストで描き始める。現在、植物を扱うメディアで記事を執筆するほか、フリーペーパー『Botapii』で連載イラストを担当。ライフワークは日常の中の幸せ観察。
hp instagram
テキスト:小林由紀 イラスト:小野寺葉月
デザイン:前田佳保里 編集:丸山央里絵
fb tw