aroma_01_main
02

2020年がスタートしました。
今年はどんな年になるかワクワクしている人も多いのではないでしょうか。
新しい年の始まりは、心も体も清めて、新たな気持ちでスタートしたいもの。

古代では、良い香りが聖なる力となり邪気を払ってくれるという思想があり、なかでも殺菌能力の高いハーブは魔除けの効果が高いとして大切にされてきました。
殺菌能力の高いハーブはいくつかありますが、今回ご紹介したいのは、葉の形状が尖っていたりギザギザになっている針葉系のハーブ。こういった形状の葉のものは“武器”として例えられることが多く、ウイルスや菌などと戦い、私たちを悪いものから守ってくれます。また、呼吸を吐き出すサポートをしてくれるので、心のモヤモヤや不要なものを外へと吐き出してくれます。

今回は、針葉系のハーブの中から、心と体に活力を与えてくれるローズマリーをご紹介します。

aroma_03
aroma_04
05
05

ローズマリーは古来より邪気などの悪いものを清めるハーブとして用いられ、魔除けのハーブ・神聖な力を宿す聖なる薬草とされてきました。

そのことから、大勢の人が集まる場所や満員電車など、なんだか疲れを感じる時に、不要なものから守ってくれる“プロテクター”としても使われています。

新しい年に植物のエネルギーたっぷりのローズマリーの香りを纏い、悪いものが心や体に入り込まないようにプロテクトしましょう。


06
05

ローズマリーのシャープですっきりとした香りは、頭脳を明晰にしてくれるので、記憶力・集中力を高めたい時に良く、仕事中などに芳香するのもおすすめ。

また、無気力な状態や精神的な疲労を感じている時に、心を元気付けてくれる働きをし、自分軸へと意識を向けさせてくれるので、自分への信頼感を高め決断力を高めてくれます。

この新年、新しく決めた目標へと進むのにぴったりな香りですね。


生体リズムを整える 生体リズムを整える

ローズマリーには、70歳で求婚されたハンガリー王妃の逸話が残されています。

当時、老齢のために体調を崩していたハンガリー王妃へ、イタリアの修道院からローズマリーのチンキ(ハーブをアルコールで漬け込んだもの)が献上されました。ハンガリー王妃は、そのチンキを使ったところ、健康を取り戻しただけではなく、隣国の20代の王子からプロポーズもされたことから、このローズマリーのチンキは“ハンガリー王妃の水(ハンガリアンウォーター)”と呼ばれ、“若返りの水”の別名も持っています。

ローズマリーは、少し枯れても復活しやすく、復活するごとに香りがよくなるという植物の特徴を持っています。そういったことから“若返りのハーブ・復活のハーブ”とも言われていたのかも知れませんね。

今回は「ローズマリー 」をご紹介しました。
毛利元就が語ったとされている言葉で、「一年の計は春にあり、一月の計は朔にあり、一日の計は鶏鳴にあり」があります。これは、何事も最初が肝心という意味が込められています。ローズマリーの香りで決意をし良い一年のスタートを切りましょう。
次回は2/3公開予定です。お楽しみに。


[基本情報]
学術名:Rosmarinus officinalis
科名:シソ科 
抽出部位:枝先・花
抽出方法:水蒸気蒸留法
主な産出国・地域:フランス・モロッコ・地中海沿岸

[注意点・禁忌]
・妊娠中の多量使用は避けること
・高血圧の方は多量使用を避けること

[注意事項・免責事項]
アロマは医療ではありません。また、精油は医薬品ではありません。心身の健康に良い影響をもたらしますが、あくまでも補助的な手段だとお考えください。精油を使用の際は、取扱説明書や注意事項をよく読み、正しくお使いください。妊娠中の方をはじめ、持病がある方、高齢者の方は使用できない精油があります。また、健康状態に気になることがある方や、医療機関で治療中の方は、必ず医師や専門家に相談の上、安全にお使いください。当コラムで紹介している精油の特徴、効果、仕様、アロマの実践などによって生じたトラブルに対する責任を負いかねます。ご理解の程お願いいたします。

前回のコラム

小林由紀

YUKI KOBAYASHI
1977年新潟県生まれ・神奈川県在住。アロマセラピスト。家族や自身の病気をきっかけにアロマセラピーに興味を持ち、現在は一般社団法人エッセンスオブヒール正会員。アクセス・バーズ・プラクティショナー、TCカラーセラピスト資格取得。自由大学神社学キュレーター。登拝と自然の中で遊ぶことが好き。
hp instagram

小野寺葉月

HAZUKI ONODERA
1983年東京都生まれ・フィリピン マクタン島在住。イラストレーター/ライター/ダイビングショップ広報。中高短大と美術を学んだ後、雑貨店にて店長とバイヤーを経験。娘を出産後、幼い頃から好きな植物をイラストで描き始める。現在、植物を扱うメディアで記事を執筆するほか、フリーペーパー『Botapii』で連載イラストを担当。ライフワークは日常の中の幸せ観察。
hp instagram
テキスト:小林由紀 イラスト:小野寺葉月
デザイン:前田佳保里 編集:丸山央里絵
fb tw